So-net無料ブログ作成

麦のリース [ArtとCulture(花音舎)]

麦の刺しゅうが楽しくて、リースに仕上げてみたりしております。糸をいろいろ試してみました。

IMG_4549 (2).jpg


欧米では、麦の刺しゅう作品はとても多いのです。人間にとっての主なエネルギー源になる炭水化物を定期的に収穫できるようになったありがたい植物。日本でも先日の亀の甲の割れ目より、どの地域のお米を儀式に使うかという斎田点定(さいでんてんてい)の儀がありました。人間という消費者にとっての、大事な生産者が、この麦やコメということです。世界中に麦をつくり一定量保管も可能にして人類は急激に増えていきました。だから、麦のモチーフ=豊穣、富、幸せということだと思います。


以前、皆さんとお話していて、可笑しかったのですが、キリスト教にとっては、パンはキリストの肉ということで、パンはとても大切な食。畏敬の念をもっていただいている食事。なのに日本人ときたら、全くパンに対する意識が違います。パンにあんこや生クリーム、やきそば、たこ焼きまで入れる。麦に対する有難さが感じられない。笑 私がイギリスで見たライスプディングのようなことでしょうか?


私のサンプルより、皆さんの作品の方が素敵にしあがります。ミモザのブーケより

DSC_3531 (2).jpg

春のポケットを円に仕上げてくださいました。

DSC_3532 (2).jpg

バラのホルダーを、メガネケースにしてくださいました。

DSC_3538 (2).jpg


共通テーマ:趣味・カルチャー