So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

そんな夕べもあるんです。 [Diary]

お教室後に皆さんとの夕べに行くことはほとんどないのですが、突然そのようなことになり、食いしん坊で、舌のこえた皆さんを満足させることが出来たようです。この場に、どうしていないの?と思われる方々多いですね~。ごめんなさい。次の機会に行きましょうね~♪


私のいとこたちは、顔のホリが深いという話から、谷隼人さんに似ていると言ったところ、「松岡きっこさんの旦那さんですね!」と即座に出てきたAさんに、凄い記憶だな~。感心ししつつ、大笑いでした。ありがとうございました。collage-1563338971670.jpg


共通テーマ:日記・雑感

2019年7月8月9月 海の刺しゅう小屋 [ArtとCulture(花音舎)]

2019年7月は14日日曜日、27日土曜日、8月は4日日曜日、→11日日曜日に変更しました。それと24日土曜日、9月は8日日曜日、28日土曜日の予定です。海の刺しゅう小屋の詳しくは→こちら はじめての方も気楽にご参加ください。お待ちしております。


先日、空旅中国「玄奘の冒険」が放送されました。中国をドローン撮影で「玄奘の足跡」をおっていきました。万里の長城にそって、若き玄奘が西へ西へ、ナーランダに向かっていくのですが、何度もの盗賊、追剥にあったという物騒な地帯です。万里の長城を泥をもってたたいて固めていくという途方もない作業であんな長いものができたのですね~。でもあんな塀ができても、どうにかすれば、上れるのに、なんで必要だったのか?と思いましたが、当時の戦いとは、馬、羊を沢山連れて移動しなければ、戦えなかったそうです。なのであの高さの塀があると、馬と羊が乗り越えられないので、効果があったそうです。番組の途中、馬を育てている民族に出会いました。馬を巧みに乗りこなしていて、孫悟空のモデルなんじゃないかと思いました。


ってな感じで、私は仏教に最近興味があるわけです。先日、YAHOOのトップニュースに、「ほとけのしまに、新種のキツネ発見」とあり、ほとけの島?福岡の宗像大社の先にある神の宿る島、沖ノ島のような、ほとけの島というのがあるんだ!!と思って、クリックしたら、外国人に抱っこされる長毛もキジネコみたいな写真?仏の島とは、フランスの島ということだったらしい。今の私は、仏(ほとけ)に敏感なんです!!呆気に取られていたら、餃子を焦がしました。焦げたところを取り除き食べ、「私はなにをしているんだ?」^^


アジサイは、こんな色に変化してきました。DSC_3549 (2).jpgこの色もかわいいです。素敵に仕上げてくださいました。DSC_3559 (3).jpg



共通テーマ:趣味・カルチャー

心の中に咲くバラ [ArtとCulture(花音舎)]

心の中に咲くバラ

いつも申しますが、このサンプルと一緒にする必要はないです。アレンジをしていただくと私としても楽しみです~。


IMG_4576 (2).jpg


大河ドラマは毎年楽しみの一つですが、以前放送された「篤姫」は特に楽しかったです。その中で出てきた瀧山。実在する大年寄り、大奥 権力トップの瀧山の日記が発見されたそうです。それを磯田先生の司会で、IKKOさん等ゲストとともに、ひも解いていく番組がありました。芸人の本木さん?(実は素敵な方なんですね。)をはじめ勿論IKKOさんも磯田先生も、芸大の大熊先生、大石先生のコメントが大変よくて、一緒に涙してしまいました。IKKOさんが泣くときは私も泣きます。笑


共通テーマ:趣味・カルチャー

麦のリース [ArtとCulture(花音舎)]

麦の刺しゅうが楽しくて、リースに仕上げてみたりしております。糸をいろいろ試してみました。

IMG_4549 (2).jpg


欧米では、麦の刺しゅう作品はとても多いのです。人間にとっての主なエネルギー源になる炭水化物を定期的に収穫できるようになったありがたい植物。日本でも先日の亀の甲の割れ目より、どの地域のお米を儀式に使うかという斎田点定(さいでんてんてい)の儀がありました。人間という消費者にとっての、大事な生産者が、この麦やコメということです。世界中に麦をつくり一定量保管も可能にして人類は急激に増えていきました。だから、麦のモチーフ=豊穣、富、幸せということだと思います。


以前、皆さんとお話していて、可笑しかったのですが、キリスト教にとっては、パンはキリストの肉ということで、パンはとても大切な食。畏敬の念をもっていただいている食事。なのに日本人ときたら、全くパンに対する意識が違います。パンにあんこや生クリーム、やきそば、たこ焼きまで入れる。麦に対する有難さが感じられない。笑 私がイギリスで見たライスプディングのようなことでしょうか?


私のサンプルより、皆さんの作品の方が素敵にしあがります。ミモザのブーケより

DSC_3531 (2).jpg

春のポケットを円に仕上げてくださいました。

DSC_3532 (2).jpg

バラのホルダーを、メガネケースにしてくださいました。

DSC_3538 (2).jpg


共通テーマ:趣味・カルチャー

ワクワクすること。 [Diary]

ダーウィンの「進化論」、ジャレド・ダイモンモンド博士の「第3のチンパンジー」、ユヴァル・ノア・ハラリさんの、「サピエンス全史」、続き「ホモデウス」、そして福岡伸一先生「動的平衡」・・・生物進化論、人類進化論、歴史学、分子生物学・・・

私は、私の中の事、取り巻く環境、人、身近な動物、そのトータルの幸せ、心の在り方のことばかり考えがちだけど、上記先生たちは、本当に面白い視点をお持ちで、そんな考え方が?と驚くことばかり。

先日、福岡先生のトークショーに行きました。トークショーで、sense of wonder(センス オブ ワンダ)ワクワクすることに心をむけてみて。とのこと。先生が少年時代は、虫が好きで好きでたまらなかったとのこと。このsense of wonderを持っていると、人生は豊かに過ごせるのではないかということでした。生物学や進化論で考えると、心、人生の豊かさとは、全く違う考えではありますが、そんなことをおっしゃったことが、興味深かった。

私のsense of wonderは、植物なんじゃないかと思いました。道端の草花にもワクワクするもの。^^

うちのクリスマスローズは、種をつけて、地面のふわふわにほおずりしています。

IMG_4530.jpg

2年前に買って植えたアジサイがやっと花をつけました。10センチくらいのアジサイです。この小ささが可愛いんです。

IMG_4537.jpg

毎年咲くこのコは色も変わらずえらいコです。いつもこのピンクなんです。

IMG_4540.jpg


以前、福岡先生が、人間の身体は歳をとることで、代謝機能が衰えて遅くなっていく。時間という機械的な規則で世界をとらえないといけないとすれば、遅くなっている自分が一年が早いと感じるのは当たり前とのこと。とおっしゃっておりました。大きく納得です。やっぱり私が遅くなっていたんだ!!地球が早くまわっているんじゃないか?と疑っておりました。笑


共通テーマ:日記・雑感

2019年6月7月8月 海の刺しゅう小屋 [ArtとCulture(花音舎)]

2019年6月は9日日曜日、22日土曜日。7月は14日日曜日、27日土曜日、8月は4日日曜日、24日土曜日の予定です。海の刺しゅう小屋の詳しくは→こちら はじめての方も気楽にご参加ください。お待ちしております。


麦の刺しゅう 画面ではわかりにくいですが、金糸をつかっているところがあり、夜にキラキラします。IMG_4521 (2).jpg


先日、皆さんとお話していて、おばあちゃんやおじいちゃんが興味があったものに、だんだん自分も興味持つようになったということを聞き、「まさに私もだ!」と思いました。以前は、笑点をみても、笑点だな~。くらいしか思えなかったですが、最近は、心の底から笑っている自分に気づきます。私が、笑点のターゲットに近づいているのか、笑点が以前より面白くなったのか、司会の春風亭昇太さんがいいのか?



共通テーマ:趣味・カルチャー

フラワーバスケット [ArtとCulture(花音舎)]

バスケットっぽく見える刺しゅうを工夫してみました。

IMG_4503 (2).jpg

先日、歌手の岩崎宏美さんが、お相撲場所のゲストとして、インタビュールームにて、舞の海さんとともに、解説をしていました。全国の皆さんからのツイッターも左下に表示されていました。99Kgの力士が、大きな力士に勝った一番では、「技のデパートではなく、技のホームセンターだ!!」とか、舞の海さんの解説に、「解説のデパートになっている。」とか、全国の皆さんのナイスつぶやきに大笑いでした。最後のむすびが終わり、「力士、岩崎宏美さん、最後までお疲れ様でした。さぁ~♪眠りなさい~♪」とか、NHK職員のセレクトに、グッときました。大変面白い試みでした。

今のところ1敗の栃ノ心は、ジョージア出身の力士、鍛えられた身体に、着物がお好きらしく、大変センスがいい!身体に貼ったバンソウコウ?が可愛い。ずるいですね~。同じく優勝争いになりそうな、横綱 鶴竜。私の赤ちゃんの頃の写真は、鶴竜と、うりふたつです。顔のパーツ一緒です。私の遺伝子は、モンゴルから来ているかもしれません。笑


共通テーマ:趣味・カルチャー

ヒナゲシの刺しゅう [ArtとCulture(花音舎)]

ヒナゲシの花が最近道端に咲いています。小さい刺しゅうにしてみました。


IMG_4500 (3).JPG


以前、イギリスの貴族が四季を通してガーデニングをしている様子をTVでみました。それはそれは優雅。球根を手で植えてるときに、「森の仲間の分も植えましょう♪」リスの冬越しのご飯として余分に植えるのだそうです。そして、クリスマスのため、部屋の中を、広大な庭から植物を切ってきて飾り付け。庭で採れた林檎を沢山飾ります。豪華なテーブルセッティング。そして、祖先由来のパイをつくります。矢の切り抜きのパイを上に施して、代々引き継がれたオーブンで焼きました。20センチ角ってところでしょうか?それを30人くらいでわけて食べる。えっ?それだけ?ここまで用意に時間をかけてきたのに?
いや、イギリスっぽいと言えば、イギリスっぽいのです。どうやってそんなに大きく育ったの?といつも思うのです。笑


共通テーマ:趣味・カルチャー

イチゴ美味しい。 [ArtとCulture(花音舎)]

イチゴは、1月~5月まで美味しいからイチゴって言うんです。と聞いたことがあります。本当かどうかわからないけど、いろんな種類のイチゴが売られていて、美味しいですね~。昨日、この布にイチゴを刺してくださった方がいらっしゃいまして、可愛かったので、サンプルをつくってみました。このビーズの大きさと色があいます。^^

IMG_4482 (3).jpg


仏教美術に興味津々の私は、以前、莫高窟を研究している方の研究発表、それから仏教美術の教授のお話など聞きに行きました。考古学は面白そうだけど、一生を捧げる研究なんてすごいな~。と憧れました。壁画に使われている「緑」や「深い緑」の変化の工夫など、5・6~8世紀の遺跡を実際に見せていただき、驚きでした。油絵のような彩色で、仏跡や壁画が描かれていたことも、大変興味深い。とかなんとかあって、先日、シルクロード美術館に行ったわけですが、次の日?「Ⅰ絶景と芸術が刻まれた道~河西回廊~」が放送されました。そして、5月には、「Ⅱ”微笑み”が来た道」が放送予定です。それも、わたくしの教祖ヤマザキマリさんが出演!どう考えても、私に放送しているとしか思えない。笑


共通テーマ:趣味・カルチャー

桃の花とシルクロード美術館 [Diary]

桃の花、なんて可愛いんでしょう。

IMG_4405 (2).jpgIMG_4400 (2).jpg

お雛様の木は、桃の花ですね~。この花です。

IMG_4395 (2).jpgIMG_4394 (2).jpg

桜と桃と水仙

IMG_4424 (2).jpg

わに塚の桜

IMG_4461 (2).jpg

平山郁夫先生のシルクロード美術館に行ってまいりました。沢山の作品、顔料の粒がきらりきらりと光っている。これが、鉱物からできた顔料の世界なんだな~と、またまた、シルクロードを行き来した顔料と、玄奘三蔵と平山先生と私の勝手な旅を心の中で楽しみました。^^ 先生の若いころ描いた沢山のヨーロッパ街並みデッサン画、巻物になっているものもあり、大切に保管されていました。デッサン、構図、描いたもの、書いた字、まとまりも、かわいらしさを感じました。平山先生の人生を改めて見つめてきました。

奈良 薬師寺の玄奘三蔵院の「大唐西域壁画」は、玄奘三蔵が旅したタクラマカン砂漠、ヒマラヤ山脈、ナーランダ遺跡。この風景に、シルクロードを往来した人々の長い深い祈りを描いたとされる作品。日本を代表する画家として、お寺のご本尊に「山」を描く。150回訪れた経験からしか生まれない発想かもしれません。敦煌莫高窟、いつかいつか行ってみたい。IMG_4455 (2).jpg


共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -