So-net無料ブログ作成
検索選択
ArtとCulture(花音舎) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

すずらんのピンクッション [ArtとCulture(花音舎)]

本格的な冬?ワクワク
ワークショップ参加の皆様、早速のお振込みありがとうございます。順次受講チケットをお送りしていおります。入金したけど、チケットが届かない等ありましたら、お申込みいただいたクリエーターに連絡ください。
 
すずらんはかわいいですよね? 
DSC02174 (2).jpg
 
どんぐりは、はみ出てます。なんだか、手がかわいいでしょう?笑 最近頭にハゲが。。。よっつんとのバトルのせいでしょうか? 
 
DSC02160 (2).jpg
 

エコクラフトの古木さんは、今パリのイベントに行かれており、上記イベントでご一緒させていただく先生たちも、常にかわいいものを追求し、活動している。そして、イベントAtelier de Noel (アトリエ ドゥ ノエル)のサイトにイベント告知するということになっているのに、こんなにふざけたことでいいのか、大変考えましたが、私の人生は笑いでほとんどができておりますので、お許しを。
 

先日、しゃべくり007で、ピコ太郎をみました。皆さんお気づきかと思うのですが、もうそりゃあそりゃピコ太郎大好きです!! 8人のピコ太郎になったときは、面白すぎて、笑って死ぬんじゃないかと危険を感じました。夜にかなり血圧があがりました。笑 すっごい面白かったです。ありがとう。 上田さん(くりーむしちゅー)が大仏にしか見えなかった。アウト=大仏?


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2016年11月12月2017年1月 海の刺しゅう小屋 [ArtとCulture(花音舎)]

2016年11月は、13日日曜日、26日土曜日、12月は、11日土曜日、17日土曜日、2017年は、15日日曜日、28日土曜日の予定です。海の刺しゅう小屋の詳しくは→こちら はじめての方も気楽にご参加ください。お待ちしております。

アネモネの花ってかわいいですよ~(^^♪ 日本は、濃い紫や赤というイメージかもしれないですが、海外では、薄い色のアネモネもあります。 

DSC02147 (2).jpg

Atelier de Noel (アトリエ ドゥ ノエル)

→リンク先はこちらhttp://yunp.blog.so-net.ne.jp/2016-11-01 

早速お申込みいただきありがとうございます。定員8名と考えておりましたが、アンティークパーツがある限りキットは作れますので、増員しようかな?と考えております。そうは言っても、スペースに限りにあるので、皆さんの作業がしやすい定員にいたします。


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

おとなかわいいウール詳細 [ArtとCulture(花音舎)]

ウールが楽しい刺しゅうの時期がやってきました。どうぞ、冬の楽しみ時間を満喫してください。  
 
ウールのキットができました。表のウールは、無地ながら、スクエアの柄がとってもかわいいです。ウールでこんなにかわいいものは、なかなか手に入らないです。裏地は、首がかゆくなったりしない、肌触りがいい高級ウールガーゼです。 
ビーズと毛糸を使った刺しゅうをあしらいました。 
 
布のセットと、刺しゅうのセットを分けてあります。 ご自分のウールに刺しゅうだけ足しても素敵だと思います。
 
DSC02122 (2).jpg
 
花の形や、重ね方はいろんなバージョンを楽しんでください。 
DSC02115 (2).jpg
 
全体のシルエットはこのような幅になります。去年より大判にいたしました。よって、キットの数がとても限定されております。
DSC02107 (2).jpg
 
夜に撮影すると、このようにビーズの輝きがわかります。写真よりキラキラしています。 
DSC02031 (2).jpg
 
色は、この3色です。ブルーとピンクは、同じ柄ですが、グリーンは柄がちょっと違います。今のところ、グリーンは、あと2つです。 
DSC02117 (2).JPG 
 
基本は、白だけですが、いろどりを変えても楽しいと思います。
DSC02028 (2).JPG


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2016は、大人かわいいウール。 [ArtとCulture(花音舎)]

ことしのウールはこんな感じにしようかと。。。
大人かわいいをテーマに。 
ブルー、ピンク、グリーンとウールはあります。大きめカットなので、数に限りがあります。
ウールの刺しゅうも色を組み合わせて楽しんでください。 10月なので、いまからつくりはじめて、今年の冬に活躍しそうです。
 
DSC02028 (2).JPG
 
以前、玄関にいるヤモリちゃんとのエピソードを書きました。ヤモリちゃんは、人間の気持ちがわかるということを聞きました。あるとき、家にヤモリちゃんがいたとき、びっくりした奥様は、お互い「はっ」として、ヤモリちゃんが、「こめんなさい。いなかったことにするね」という気持ちが伝わってきたそうです。で、奥様は、「はい。見なかったことにするね。」と言ったら、さっと姿を消したそうです。
 
うちのヤモリちゃんは、夜8時ごろ出勤してきます。たまに、出張に行っているらしく、姿をみせません。が、また姿を見ると、帰ってきたんだね。と思うようになりました。頭の上に落ちてこなければ、夜の出勤で朝いなくなっているので、大丈夫です。時間は、かかったけど、気持ちがわかってきたのかもしれません。モリーちゃんとよんでいます。^^ 

nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2016年10月11月12月の海の刺しゅう小屋 [ArtとCulture(花音舎)]

2016年9月は、10月は、2日日曜日と、29日土曜日、11月は、13日日曜日、26日土曜日、12月は、11日土曜日、17日土曜日の予定です。海の刺しゅう小屋の詳しくは→こちら はじめての方も気楽にご参加ください。お待ちしております。

夢のリース白バージョンです。

DSC01926 (2).JPG

ヴォーグ学園で新しい講座を予定しております。

 

生活を彩るフォークロアデザイン
岩田由美子の東欧の可愛い刺繍

「東欧の刺しゅうは、家庭で育まれた身近なものです。母から娘にうけ継がれた民族色の強いあたたかみや、力強さのある刺しゅうです。よって、ボタンホールやサテン、日本のこぎんの様なカウントダーニングステッチだけで、かわいくしていく工夫がされております。夏は農作業、冬は、大巻の糸で同じステッチを繰り返しながら、家事とともに楽しんでいたので、単色の刺しゅう文化が生れました。豊かになった時代からは、染色の技術も入ってきて、カラフルな作品も楽しまれました。それぞれの村により、刺しゅうの特徴が違い、民族衣装をみるだけで、どこの村のものかわかるという楽しみがあります。東にはオスマントルコ、西にはローマからヨーロッパ文化、その2つが入り混じった東欧の魅力をお伝えしたく思います。」

詳細、お申込みはこちら→リンク先 http://www.voguegakuen.com/course.php?prc=detail&sid=4729

 

DSC00500.jpg

クリスマスの刺しゅう今から始めてみませんか?

赤・白・緑のステッチ クリスマス刺しゅう (アサヒオリジナル)赤・白・緑のステッチ クリスマス刺しゅう (アサヒオリジナル)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/09/23
  • メディア: ムック

51E81yoreHL._SX404_BO1,204,203,200_.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2016年10月11月12月の海の刺しゅう小屋 [ArtとCulture(花音舎)]

2016年9月は、10月は、2日日曜日と、29日土曜日、11月は、13日日曜日、26日土曜日、12月は、11日土曜日、17日土曜日の予定です。海の刺しゅう小屋の詳しくは→こちら はじめての方も気楽にご参加ください。お待ちしております。

夢のリース白バージョンです。

DSC01926 (2).JPG

ヴォーグ学園で新しい講座を予定しております。

 

生活を彩るフォークロアデザイン
岩田由美子の東欧の可愛い刺繍

「東欧の刺しゅうは、家庭で育まれた身近なものです。母から娘にうけ継がれた民族色の強いあたたかみや、力強さのある刺しゅうです。よって、ボタンホールやサテン、日本のこぎんの様なカウントダーニングステッチだけで、かわいくしていく工夫がされております。夏は農作業、冬は、大巻の糸で同じステッチを繰り返しながら、家事とともに楽しんでいたので、単色の刺しゅう文化が生れました。豊かになった時代からは、染色の技術も入ってきて、カラフルな作品も楽しまれました。それぞれの村により、刺しゅうの特徴が違い、民族衣装をみるだけで、どこの村のものかわかるという楽しみがあります。東にはオスマントルコ、西にはローマからヨーロッパ文化、その2つが入り混じった東欧の魅力をお伝えしたく思います。」

詳細、お申込みはこちら→リンク先 http://www.voguegakuen.com/course.php?prc=detail&sid=4729

 

DSC00500.jpg

クリスマスの刺しゅう今から始めてみませんか?

赤・白・緑のステッチ クリスマス刺しゅう (アサヒオリジナル)赤・白・緑のステッチ クリスマス刺しゅう (アサヒオリジナル)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/09/23
  • メディア: ムック

51E81yoreHL._SX404_BO1,204,203,200_.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

赤・白・緑のステッチ クリスマス刺しゅう [ArtとCulture(花音舎)]

秋になりつつあり、冬に向かっているのでしょうか。。。?^^ このところ涼しくなってきましたね。
茄子とカボチャが美味しい時期になってきました。
 
明日から、下記の赤・白・緑 クリスマス刺しゅう 350という本が出版されます。私の作品も参加してございます。私のはさておき、クリスマスの柄がかわいいことかわいいこと。 この時期から刺し始めて、いいかもしれない。。。
 

赤・白・緑のステッチ クリスマス刺しゅう (アサヒオリジナル)

赤・白・緑のステッチ クリスマス刺しゅう (アサヒオリジナル)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/09/23
  • メディア: ムック

 
51E81yoreHL._SX404_BO1,204,203,200_.jpg
 
このほかにも、リースをたくさん載せてます。 色が限定だったので、ステッチを多用しました。よって、ステッチの練習にかなりなると思います。
 
DSC00619 (2).JPG
 
話はかわりますが、私「ドクターG」とうい番組が大好きなんです。健康オタクの私は、総合診療医たちが、どうやって病気を判断するのか、大変興味があるんです。研修医たちが、ベテラン医師と一緒に症例から、消去法で病気を突き止めるものなんです。むちゃくちゃ楽しいんです。だんだん私、症例やCTの画像をTVでみて、研修医も気づかないようなところに気づくようになってきました。笑 医師免許がないのに、医療行為をしていたというニセ医者がおりますよね?私だんだんその領域に近づいている気がします。笑 次に生まれ変われるのであれば、女医になりたいです。^^ 「私。。。失敗しないので!!」→失敗しそうだ。。。と家族に言われた。^^

nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

簡単にできる刺しゅう [ArtとCulture(花音舎)]

簡単にできるクッションサイズのリース
とにかく、手間のかからない刺しゅうにいたしました。夏休み明けで、疲れがでることですので、時間がかからない刺しゅうをやってみました。18センチ以上の刺しゅう枠でぎりぎり入ります。ピンク、ブルー(茶色)、黄色(ブルー)・・・など用意しています。 
 
DSC01761 (2).jpg
 
どんちゃんの、パピー教室。もう、パピーではないのかも。。。7kg台になってきました。だんだんおっさんの気配です。笑 
14302447_1244006765631069_174647110_n (1).jpg
 
どんだけが、重量級になってきたので、遊ぶ相手も限られてきました。とほほ。大先輩のカズ君と遊びました。そうしたら、ここ最近、よっつんに遊びを誘うようになってきて、二人がちょっと遊べるようになりました。いたずらばかりで、怒られてるのか、褒められてるのか、まだよくわかってないどんちゃんですが、これからも成長していくと信じて、見守ります。^^ 
14302826_1244006758964403_1112478920_n.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

どんぐりとリス [ArtとCulture(花音舎)]

9月だから、秋になってきているはず。。。今回のどんぐりの形かわいいです。リスはエゾリスのつもり。。。^^
なんといっても、本物のエゾリスをみたくて北海道に行ったけど、見つけられず、動物園で見たという記憶からのものなので、怪しいです。笑 葉っぱは結構複雑な形にしてみました。スタンプワーク(立体)で複雑な形は難しいんですが、大丈夫でした。 

DSC01722 (2).jpg
 
家族は、不思議とシンクロするものです。これは、リオでも感動した、シンクロナイズド睡眠グ~♪ 奥にある黄色は、100円ショップにあったクロックスもどき。。。どんのグレゴローマンスタイルレスリングの相手です。^^ 
 
DSC01715 (2).jpg

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2016年9月10月11月の海の刺しゅう小屋 [ArtとCulture(花音舎)]

2016年9月は、4日日曜日、24日土曜日、10月は、2日日曜日と、29日土曜日、11月は、13日日曜日、26日土曜日の予定です。海の刺しゅう小屋の詳しくは→こちら はじめての方も気楽にご参加ください。お待ちしております。

来月9月15日より17日まで、東京ビックサイトにて、キルト&ステッチショー2016 が開催されます。このような作品をつくってみました。→リンク先

DSC01495 (2).jpg

ヴォーグ学園で新しい講座を予定しております。

生活を彩るフォークロアデザイン
岩田由美子の東欧の可愛い刺繍

「東欧の刺しゅうは、家庭で育まれた身近なものです。母から娘にうけ継がれた民族色の強いあたたかみや、力強さのある刺しゅうです。よって、ボタンホールやサテン、日本のこぎんの様なカウントダーニングステッチだけで、かわいくしていく工夫がされております。夏は農作業、冬は、大巻の糸で同じステッチを繰り返しながら、家事とともに楽しんでいたので、単色の刺しゅう文化が生れました。豊かになった時代からは、染色の技術も入ってきて、カラフルな作品も楽しまれました。それぞれの村により、刺しゅうの特徴が違い、民族衣装をみるだけで、どこの村のものかわかるという楽しみがあります。東にはオスマントルコ、西にはローマからヨーロッパ文化、その2つが入り混じった東欧の魅力をお伝えしたく思います。」

詳細、お申込みはこちら→リンク先 http://www.voguegakuen.com/course.php?prc=detail&sid=4729

DSC00500.jpg

webでの注文リンク先→http://www.felissimo.co.jp/shopping/I180742/GCD643193/  

 

DSC01539 (2).JPG


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | 次の10件 ArtとCulture(花音舎) ブログトップ