So-net無料ブログ作成
検索選択

人間の大きな愛し方 [Diary]

昨日は、本当にいろんなことを考えさせられました。まおさんの生き方について。そして、私はずーっと長い時間、どんな意味があったんだろうか?と考えてしまうのです。

海老蔵さんとの出会いからという報道を見ながら、闘病を通じて、二人の成長はすごいスピードだったように感じます。そして、がんの影に隠れないと決意し、昨日までのまおさんの生き方は、今後の海老蔵さん、そして子供たちを、世界中が応援するような大きな愛で包んで、旅立ったように思います。まおさんができる最大、最善、最高の生き方だったように思います。イキザマで、この世にいなくなった今、これからも家族を守り続ける。人間の大きな愛し方の一つだったかもしれない。

百合ー2_1.jpg

そんなことを考えると、忖度?学園?暴言?国会?ばかばかしいです。


これからの日本は、人口がどんどん減っていき、いろんなものがガラガラの状態になります。実はとても怖いことです。消費のマスが減ってしまい、経済の大きな発展が望めない。大量消費が減り、大量生産はなくなっていく。企業の開発費もなくなり、高度なものがつくれなくなっていく方向にあります。労働力が、外国からくる体制づくりが間に合うかも不明です。

団塊の世代(70弱ぐらい?)の子供たち(40代?)が現役で長く働けるようにし、大きな労働力に長くできるようにする。具体的には、長野県が30年ほど取り組んだ健康食で、県民長生き1位になることを、日本中がやったほうがいいし、(私的には、人工甘味料や添加物をとにかく減らしてほしい。生産性、安く提供するための企業努力?が、健康を害している。率先して認知症や糖尿病にしている場合じゃないよ。と思っています。)がんになっても、社会復帰できるように、体制づくりをして、長く現役で働いてもらう必要があります。働き方の工夫でも生産性を上げれるようにしてほしい。(私的には、この働き方は、もっと早い段階で変わると思っていたけど、予想よりずっと遅れている。)国会の長い時間を、どうでもいいことに使うのではなくて、野党も「本当に日本の将来のため」建設的な議論の時間だけに国会を使ってほしいです。


共通テーマ:日記・雑感